看護系の学校に進学するために|私立大学は学費を確認して受験しよう【小論文はテーマを重視】|受験.net

看護系の小論文の書き方をマスターしよう

受験.net

通信講座

最近では、塾に行かなくても通信講座で小論文の書き方を学ぶことができます。ですから、小論文の書き方に悩んでいるなら、通信講座を受けることもいいでしょう。通信講座ならご自身の好きな時間で勉強できるので、勉強が嫌いな方にもおすすめできる方法です。

看護系の学校に進学するために

作文用紙と筆記用具

専門学校でも必要な小論文

現代では、進学校の受験以外にも小論文が必須になっています。また、最近では、専門学校などでも小論文が実施されるようになりました。もしも、看護系の学校に進学を考えているなら、看護系小論文テーマについて知っておくといいでしょう。

看護系小論文

看護系小論文では、通常の進学校の小論文とは求められる能力が少し変わってきます。看護系小論文で求められる能力は「正しく問題の事実を認識する能力」と「その認識した内容を他の人に伝える能力」になります。

看護系の出題傾向

看護や医療系の学校で出題される小論文のテストには課題作文型、課題文読解型、資料分析型と大きく分けて三つの出題パターンがあります。そして、いずれのパターンにしても、医療に関連するものが多いので、医療系のジャンルを徹底的にマークするといいでしょう。

採点の仕方

看護系小論文の採点の仕方は基本的に複数の教師または、教授によって採点されます。そして、採点の配点には、「内容のオリジナリティや正確さ」、「テーマに沿った内容か」によって点数が決まります。また、表現力の豊かさでも、配点が高くなる学校もあります。

看護系小論文を書いた方々の口コミ

ポイントを間違えない

看護系小論文において、出題されたテーマや問題に対して正確に情報を読み取る力が必要になってきます。学校によっては、哲学的なテーマに出されることもあるのですが、小論文を書く時は書くべきポイントを間違えないように気をつけてください。(男性)

具体的に書かれているか

看護系小論文だけでなく小論文全般に言えることですが、テーマについて抽象的に書き過ぎるのはNGです。小論文においてはテーマを具体的かつ論理的に文章を構成することが求められています。しかし、もしテーマが書きにくいのであれば、実体験を交えて書くことをおすすめします。(女性)

否定的な表現は気をつけて

小論文を書いていると否定的な意見を出すことも度々、あると思います。しかし、そのまま否定的な意見ばかり出してしまうとあまり読み手からの印象も暗いものになります。だから、小論文が課されているなら、否定的な表現ばかりにならないように気をつけて!(女性)

練習することが大切

小論文は書いて書き方を覚えることでしか、なかなか点数を上げることができません。出題傾向を押さえることも大切ですが、小論文で高得点を目指しているなら、日々同じテーマやジャンルで書き続ける努力をしよう!(男性)

看護系なら医療を勉強

看護系小論文には、医療や看護のジャンルでテーマが出題されることが多いです!だからこそ、医療や看護についての知識を身につけておくことが必要なのです。そして、医療や看護系を目指しているなら、ある程度の医療知識や医療関係の仕事内容について調べておくといいですよ。(男性)

広告募集中